2019年01月13日

2019.01.13.[Dive to Japan #001『大新年会』]

@岩本町エッグマン
open19:00/start19:30
adv3060/day3360(+1d540)

メテオール
 ゲスト:舞城みゆき

いつものところでいつものメンツ、のゲスト枠に最近食い込んできている舞城氏。今のコアファンサイドにむっちゃ近いのに扱いづらくないのかしらと思わなくもないんだけど。メテオールが衣装替えして2部構成でその合間をゲストが3曲ばかり。相変わらず場慣れしてる感ものすごい。おみくじが小吉でという話をしていたけどあれその日の運勢説を信じてもっかい引けばいいと思う。メテオールは最初軍服ぽいやつでその後カズウさんがマドロス風味、ヒロックさんは学ラン。ギターはレスポだったけどいつものスタンダードなカラーじゃなくて赤茶色?とライブ中思ってて終演後近くで見たら赤ラメだった全然わかんなかったラメ。あとピックガードがついてなかった。前回ここでやったとき耳に辛い出音で耳栓!てなったけど今回は「音でか!」とは思ったけど痛くはなかったのでそのまま聴けた。3/1にアルバム発売予定だとかで収録予定曲をスクリーンに次々と流していって全体を止めてみせてはくれずもう一回!て云われてたけどそんな親切はなかった。バンダースナッチ曲があったような気がしたけど確認出来ず、みんなはアフターディナーパーティーの方にざわついてた。2部後半舞城氏が加わってて、コビトの化学ではトオコさんパートを歌っていて声が丁度良くとてもしっくりでよかった。あとギターが全体的に前回(12月のは12月も後半であるがゆえに行けないのでその前だが)よりとても良くて誉め称えにいきたかった(が、順番が全然回って来ないのであきらめ)。この勢いで電波の陽を聴きたかったなー(この曲のギターソロは未だにミタマ2氏がわたくし内一等賞)。

どうでもいいけどオープニング映像で大仏出るまでイベントタイトルDrive toだと思ってた反省。
posted by hyugami at 00:00| Comment(0) | メテオール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月12日

2019.01.12.[新春!ワンマン公演!戸川純avecおおくぼけい CD発売記念ライブ]

@新宿文化センター小ホール
open18:00/start19:00
adv5000/day5500

戸川純avecおおくぼけい


日清横をぐいぐい進んでいくと左手にスライムとかサボテンダーとか光っている丸い建物があり気になるも右手の文化センターへ初めて入る。小ホールは3F。5番ずつくらいで呼ばれて入場。ドリンク代はない(そもそもバーカン的なものが無い/ロビーで自販機のお飲物は飲める)。椅子は固定してあるやつではなく主催が好きに並べられる感じの。今回のチケット珍しく先着順だったけどチケ発日は浜松に遠征していたのでちょっとうっかりして早くもなく遅くもない番号。センターエリアにはすでにわらわらひとがいたので下手のはじっこエリアから鑑賞することに。物販買って席で落ち着いた所で1Fのトイレに傘を忘れた事に気付き、入り口の人にダメ元で訊いたら再入場可とのことで回収に無事成功。やさしい。

開演直前にブザーが鳴ってロビーの人にお知らせ、しばらくして開演。幕が開いてみると結構な広さのステージの中央にグランドピアノと椅子と譜面台、というシンプルなたたずまい。まずけいさまが登場してソロで1曲奏で、それから純ちゃん登場。けいさま出て来た時には拍手おきないのがずっと気になってる所だけど。いつもは南青山マンダラなのでこのホールの音に慣れるまでちょっとかかってしまう。純ちゃん後ろの壁に映像(アルバムジャケットの絵とか)出してたけど下手からだとピアノで殆ど見えず。蛹化の女、諦念プシガンガ、王様の牢屋、愛の賛歌、サントワマミー、肉屋のように、バージンブルース。譜面台には新宿区のマークがついていて「この譜面台は新宿のみなさんの血税で…」とか云ってた。あと入りの時ファンの男性に声をかけられ息子さんを連れていたので、このユニットは教育上問題ないということなのでは…というも肉屋のようにはどうだろうとかいう話とか。こちらでも休憩を挟む2部構成。またブザーが鳴って…開演までの時間が結構あり、後のMCで映像面のマシントラブルだったそう。でもサイドにある小型スピーカーのスイッチをパチパチしていったスタッフさんがもう一回パチパチしに来た謎は解けなかった。クレオパトラ、玉姫様、富士山、ヒステリア、本能の少女、プリシラ。季節の曲ポジションな富士山の時、背後の壁全体で水色になって富士山感にあふれてた。台詞のある曲が多いとかレコーディング時の話してアンコールはさよならをおしえて。さようなら!のあたりに笑い声を入れてた。告知の時に戸川純バンドは純ちゃんが立てば(腰が治れば)ヤプーズになるって話してて「そうだったのか!」て思った。いつかまた完全なヤプーズを見れます様に。でも無理はしないでいただきたい、そんなところ。

ホールはホールでいいけどやっぱ開演までの1時間が暇すぎるので食事も出来るマンダラはいいなあと思った(次はサラヴァだけど)。

posted by hyugami at 00:00| Comment(0) | others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月11日

2019.01.11.[トークライブ「歌謡曲を聴こうじゃないか vol.2」]

@高円寺AMP cafe
open19:00/start19:30
adv3000(sold out)(1+d500)

三浦俊一
内田雄一郎


今回のチケットは手売りでなくe+扱いだったけど無論瞬殺であった。めいっぱい椅子並べてて移動しづらいフロア(レイアウトちょっと違ったので少し席増やしたんだと思うけど)。圧倒的椅子により入場時のリビングにお邪魔感は減ってる。イベント的には前回予定してた所まで終わらなかったから続き!というような主旨…だった気がするんだけどしかし…(例によってネットに書くのは禁止とした上で話されているので内容は書けない)。うっちーはいつもの感じで黒っぽい服装、中に着ていた服は白地だったけどでっかくテディベアかなんかが描かれていてしかし色味と座っている関係での折り畳まれ具合から「唐揚げ…」と思いながら見ていた(すまない)。三浦さんはグレーのパーカーにジーンズ、左足浅葱色NB、右足青くてゴムなサンダル(靴下履いてるけど足ごとごつい感じ)、で椅子の後ろに松葉杖が立てかけてある。何事かと思ったら右足親指骨折とのことで。お、お大事になすって。丸眼鏡はメタルフレームの方でこれは近いとこ用なのかな、外さなかった。というかレンズによる顔輪郭ゆがみがあんまりなくて度数気になる。金曜日なので個人的には朝までコースでも問題ないんだけど、終電が気になってそわそわしちゃう人を気遣いそこそこの遅い時間で切り上げて終了。

posted by hyugami at 00:00| Comment(0) | 電子音楽部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月31日

2018.12.31.[KOENJI HIGH 11th Anniversary 前夜祭]

@高円寺HIGH
open15:00/start15:30
adv3000/day3500(+1d500)

今日のハイライト
Optloquat
POLLYANNA
POLTA
cruyff in the bedroom
内田雄一郎
Cosmo-Shiki
bikini rock(三浦俊一ソロユニット:サポート/ベース中野テルヲ・パーカッションReiko)


ちょっと出足遅く到着したので2バンド目から拝見。1Fで豚汁1Fで販売されていたようだけどライブ見ながらちょっとつまめるようなのがいいなー。早い時間だけどわりと人いる感じ。

続きを読む
posted by hyugami at 00:00| Comment(0) | 中野テルヲ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月24日

2018.11.24.[木魚結成35周年記念式典]

@下北沢CLUB Que
open18:00/stert18:30
adv3000/day3500(+1d500)

死ね死ね団
内田雄一郎
木魚

下北沢駅出口のわけのわからなさどうにかなんないのかな…元に戻してほしいんだけど。それはさておき木魚が35周年ということでイベント。以下雑な感想(すみません)。

死ね死ね団:だいぶ久しぶりに拝見したけどお変わり無くてなにより。エリートおっぱいモミモミマンについては置いといて、濁音のあるなしでヒーローの強さイメージが云々の話(中卒豆知識その23)なるほど。あとモノクロなSGベースかっこいい。

内田雄一郎:「ようこそー…ここ!ウエルカムここ!」と云っていたのでどうやって此処まで辿り着いたのか感ある(11/7エレキャン名古屋に向かう道中、どこのハコでライブなのか把握してなかった件を踏まえて)。映画ボヘミアンラプソディーを観てきたらずっとクイーンの曲が抜けなくてライブどころじゃないとかトイレの流すボタンにフラッシュって書いてあったから歌ってしまったとか今度4DXのやつ観に行くとか。あと楽屋が懐かしいメンバーでお互いの健康の確認をしたとか(笑)。曲は星の夜のボート、青空ひとりきり、観光バス、魅せられて(ちょっとしたトラブルあり、全部1番の歌詞で歌ってしまう)、サンフランシスコ(ヨーヨーあり)。「いくつになっても莫迦をやれてたのしいです」と締めて「次は木魚!」と退場。

片付ける時にロバート(久々登場したオレンジに光る長いあいつ)をローディさんが倒してしまってちょっと破砕音ぽいのが聞こえたんだけど無事を祈る…。

木魚:出囃子にフラッシュ持って来られてこれは反則!無論場内爆笑。本編はいつもの木魚だけどもメンバーチェンジあってはっちゃきさんが抜けてベラさんが入り。結成当時のメンツということだけどもわたくしはっちゃきさんのいる木魚しか見てないから生ドラムレスの物足りなさすごい。そのうち慣れるんだろうなとは思いつつ、バンドとして好きだが推しが抜けてしまった形なのでちょっとテンション上げづらいこの感じ。新しいCD-Rを出したり、ちゃんとプレスのCD出そうと思ってる話をしてたり来年のライブが決まっていたり、なのでまあいっか。

アンコールでは中卒氏とうっちーを交えてみんなでぽくぽくやって楽しく終演。
35周年おめでとうございました。

posted by hyugami at 00:00| Comment(0) | 木魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月23日

2018.11.23.[秋山勝彦]

@阿佐ヶ谷harness
open18:30/start19:00
adv/day2500(+1d500)

秋山勝彦


FujiAkiツアーががっつりエレキャンと有頂天に被っていてその隙間はどうにもこうにもで…行っておいた方がいいかな…という感じで阿佐ヶ谷。自分的にはそんなに久しぶり感ないんだけど久しぶりじゃない?と云われてそうかな…?という。ツアーを機にTwitterを始められてそれなりに界隈に広まっていたのでちょっとはお客さん増えるかな?と思ったけどもまあこんなもんかなというかそれよりブログの方の更新が途絶えてセトリ記録だけでも〜。

写真家の生井さんがお見えでしてそのせいか第1部はきりっとスーツ姿で。テラとか地球儀とかあったけどソロアルバムメインでしっとり。第2部はジャケットを脱ぎエデンとかafter the rainな感じでもちろん最近のものもあるけど。CROSS曲はライブが来月あるといってやってたけど日付は云わなかったな。ツアー楽しかったという話ついでに昔を思い出したとP-modelでのツアー話。田井中さんはホテルの部屋でベッドの上に洗ったパンツを干すので同室を嫌がられていて秋山さんが同室になってたとか。それはそれとしてとても面倒見のいい人で\いつも心に田井中貞利/と再び。アンコールにGO AMIGOをやり、FujiAkiツアー最終・関内の告知をしてそのアルバムから、とモナリザオーバードライブを。終演後、生井さんと撮ってたツーショットが大変よい塩梅。

posted by hyugami at 00:00| Comment(0) | after the rain(秋山勝彦) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月16日

2018.11.16.[回=回]

@Zepp Tokyo
open18:00/start19:00
adv7020(+1d500)

核P-model


例によってちゃんとしたレポートは余所をあたってください。

一般の主催者先行で土曜日を第一希望として申し込んだが金曜日をご用意されてしまったので金曜日のみ(大阪は配信すらみれてない)。上の階のカルカルには何度か行ったが下は初めて。とりあえずあのドリンクホルダーが貰えたので嬉しかった。始まったら前に押し寄せて空くかな、と柵を背にしていたけどほぼ動かず。演者は一応ちらちらと見えるものの動かないひとたちばかりが周囲におり微妙なテンションで鑑賞。折角のしょっぱないまわしがなんかこう…っていうのもあって。追加公演はいいかな、という感想です。土曜日もしくは大阪のを見てたらちょっとは違ったのかな。そういえば大阪ライブ後にやたらと「マントラ」云々つぶやかれていたけど、アルバム3周くらいきいてもどこにいるのかさっぱりで歌詞カードをぎろぎろ見てようやくここだ!と発見したくらいのものなのに何故…と思っていたんですけどライブだとドヤ顔で前に出てるんですね!とようやくすっきり。


posted by hyugami at 00:00| Comment(0) | 平沢進/P-model | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

2018.11.11.[有頂天SOS]

@新宿ロフト
open18:00/start18:30
adv5000/day5500(+1d600)

bikini rock
有頂天

有頂天ワンマンライブにゲストという名目でビキニロック。出番の位置的にはオープニングアクト。15分おしくらいで開演。


続きを読む
posted by hyugami at 00:00| Comment(0) | 電子音楽部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月08日

2018.11.08.[エレキャン!vol.16]

@大阪 北堀江club vijon
open18:30/start19:00
adv3800/day4300(+1d600)

Cosmo-Shiki feat.miurashunichi
内田雄一郎
中野テルヲ
Sharaku Kobayashi


木曜日は大阪!毎年恒例なvijonのn周年記念写真が階段のところの壁に貼られていたので待機中中野さんを捜すなど(正確な数字は忘れたので)。


続きを読む
posted by hyugami at 00:00| Comment(0) | 中野テルヲ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月07日

2018.11.07.[エレキャン!vol.15]

@愛知 今池ハックフィン
open18:30/start19:00
adv3800/day4300(+1d600)

Cosmo-Shiki feat.miurashunichi
内田雄一郎
Sharaku Kobayashi
中野テルヲ

社会人に容赦なく襲いかかるド平日ツアー水曜日は名古屋!…地元の人には単なる平日ライブだけども。開演前物販列、前回は自主的にフロアのひとの邪魔にならない列形成がなされていたけどこの日はだらっとステージ方向に伸びていてちょっと邪魔。うっちーの音源が間に合わなかった罰としてチェキが販売されており大変な疑問なのだがさらに物販番長が便乗してチェキっており(開演前は購入者がその場で撮影、終演後は楽屋で撮ってもらったものを販売/誰かバルカンピースで撮ってないかな)。中野さんの新グッズ、パーカーとポストカード5枚組が出ていたけど前開きでないパーカーを装備するにはちっと暑い日であった。11月なのに。


続きを読む
posted by hyugami at 00:00| Comment(0) | 中野テルヲ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする