2016年08月20日

2016.08.20.[AlReady Yours “ The World , is not Enough ” Release Tour final - The Future on The Past -]

@大阪北堀江club vijon
open17:30/start18:00
adv2500/day3500(+1d600)

mizwidth
tokyo pinsalocks
ELECTRIC EEL SHOCK
AlReady Yours

ライブの3日ほど前にいきなり三浦さんも参加とツイートがあり、丁度18きっぷシーズンなものだからついうっかり大阪へ。それはさておき前売りと当日の差が1000円もあるの初めて遭遇したので書き間違えた?と思ったんだけど当日の看板もそのままだったので、当日になってふらりと来たくなった人に対する厳しさ半端ねぇ…。


AlReady Yours:オープニングアクト的にアコースティックバージョンで今日の主役のひとたちが数曲。パーカッションのひとが叩いてるのコンガかなあ(TwitterでコンガってなるのがボンゴでボンゴってなるのがコンガっていうのがRTされてきたのでわけがわからなくなっている)。

mizwidth:男性2人で卓があって打ち込みダンシン系。でも派手な感じではないかな。

tokyo pinsalocks:最初naokoさんとhisayoさん2人だけ登場してマネキンとアテンションプリーズ。今日はAlReady Yoursさんのレコ発ツアーファイナルでピンサロックス的には久しぶりのvijonということでスペシャルゲスト!と元少年ナイフのEMIさんと三浦さんを呼び込み(きまぐれプロデューサーと呼ばれていた)。「ヴァーイ!」てな声を上げながら出てくる三浦さん。こないだと同じ落書きシャツにやぶれジーンズ短パン緑NB白クルーソックス。ペンダントは勾玉じゃなかった気がする。髪はひとつに結んでいてnaokoさん作の青い毛糸シュシュを。FLOPPYのとき出番の無かった青テレキャス(ストラップもそのまま)、エフェクタは多分2つ。キモノジャポネとユーノーマイゴールドをやって、naokoさんがタンバリンのリズムがめちゃくちゃだったというので三浦さんが「退場!!」って云ったんだけど「大丈夫」ってきこえてしまって安堵するnaokoさんに再度「大丈夫じゃない、退場!」とか。自分たちはアルバム出した時にツアー出来なかったのでうらやましいって話とか。物販はあと1つとか2つとかのものがあるので争奪戦になるとか云ってたら三浦さんが「そのまま持って帰るかもしれない」ってせつないツッコミを。シュシュについては「男の人の間でも流行ってるんですよね」とnaokoさんがいうも三浦さんに否定され「女の人に売れるからたくさん作ってる」って(笑)。ライブが少ないけど曲を作っているので来年ぐらいには出したい、そして子供おんぶしてステージあがろうかなとかいうので三浦さん、ギャートルズのお母さんみたいなのだったらいいと許可(笑)。それで思い出したのか妹さんに子供が産まれたそうで彼女の赤ちゃんだっこしてたら乳が張ってしまってライブ中ピューとかいいだして「セクシーな事いっちゃった」、hisayoさん「セクシーじゃないし」。やりにくいわといわれて真面目な事云おうって云い出したら今度は三浦さんから「もうおせーよ!!」ってツッコミが(笑)。そんな導入でYOUをやって、何故か途中でnaokoさんが腕を平行に顔のとこに上げて淋しい熱帯魚的なポーズをしててそれをなんか三浦さんが真似てて中途半端にWINKな感じに。あとバブルガール2015とルラハレルヤでおしまい。前回よりアクティブに弾いてたのでええ脚でした。もっとアクティブでもいいと思うけど。

ELECTRIC EEL SHOCK:男性3ピース。音を聴かせると云うよりはパフォーマンス。フロアも一緒にわーってなろうぜ!ってやつで。ドラムの人が下半身はいてなくて多分前張りはしてると思うんだけどそこに白いタイツ片足分みたいなのをぶらさげていて時折ふりまわすのが気になるというかTシャツ着てたのにいつの間にか脱いでる!でもまた着る、また脱いでる!っていうどうでもいいとこが気になって仕方が無い。上手側のひとが横の鉄パイプな柱に登っていって正月か!みたいなことしてて、あれのぼっても大丈夫なのか…とか。ピンサロックスとは20年ぶりくらいに対バンしたとかなんとか。

AlReady Yours:男性ひとりいるんだけどガールズバンドだしさっきのアコースティック聴いててそんなに違いはなかろうと思ってたんですがすんませんでした!というかんじでダークに重くかっこいい方向の演奏でとてもよかったです。ステージ高いせいかドラムの人が全く見えなくて後からでてくるのかなーでもなんかMCしゃべってるのフロントにいるひとたちじゃないしどこから?!って思ってました反省。

終わってロビーに出たら珍しくピンサロ物販に物販番長がいてひっくり返した帽子を持ってひどくテキトーな呼び込みでCD売ろうとしてました(笑)。で、DJイベントがあるのでという追い出しをvijonのひとからノイジーにかけられたのでありました。

ラベル:三浦俊一
posted by hyugami at 00:00| Comment(0) | tokyo pinsalocks | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。