2017年09月15日

2017.09.15.[NESS「X軸」]

@高円寺HIGH
open19:30/start20:00
椅子席:adv5800/soldout(+1d500)
立ち見:adv3800/day4300(+1d500)

NESS

今月がX軸で11月のがY軸というタイトルで連続ワンマン。グッズのアクキーも組みになっているようでなかなか面白いんだけどでかいな!(10x7.5cmくらい)。HIGHの看板も頑張ってたのでY軸がどうなるか楽しみ。あと前回高円寺に来た時駅前のカステラ屋オープン直前で買えなかったので意気揚々と買って集ったらカステラ箱持ってる人が思いのほかたくさんいらして面白かった。甘い香りがただようフロア。

ステージ上、普段より中央にぎゅっとしてる感じがある。うっちーのところになにやらシンセとEOWAVE RibbonとMacBookかなんか置いてあるテーブルといつものベース(遠いので細かいことはわからぬ)。三浦さんとこにはモジュラーシンセとエフェクターかなんかとタイトルが見えないが文庫本2冊置いてあるテーブル。椅子と譜面台。NESSピックのささったマイクスタンド。ギターはハゲハゲクリーム色ストラトと元白テレキャス(テレキャスはサブだったようで未使用)。まず三浦さんが出てきてギター抱えて椅子に。衣装から腕章が消えた。靴は以前履いてたやつかな紺で3本線の1本だけ赤いスニーカー。左腕にグレーのNESSリストバンド。ぽろぽろギターを弾いてるとわりとすぐ戸田さんでてきて間もなく河塚さんとうっちーも。インプロな感じで演奏していたところジャックスの堕天使ロックが唐突に始まり♪見つめる前に〜♪て歌い出す三浦さん。うっちーも歌う。一通り歌って演奏だけになってどんどん速くなっていったのが収束、違う曲調で三浦さん左手だけで音出してたりそれに右手加えてたりリストバンドをネックに通してカポになるのそれ?て状態でひいてみたり、うっちーはシンセを鳴らしたりとか。そんなところで三浦さんがギター置いてテーブル上の銀色のもの(片手で握りこめるくらいの直方体、黒いコードが出ていて机上の銀色のエフェクターかなんかに繋がってる)を持って文庫本を開く。朗読してるっぽいんだけど声はかなりエフェクトかかっていてタクシーだとかトランシーバーだとかの無線みたいなガジガジが入っていてなにいってんだか聞き取れない。しばらく何かを叫んだ後ギターに戻ってPuroleHazeのフレーズなど。また音数少なくなって収束する?と思ってたら三浦さんが朗読ふたたび。今度のはかろうじて聞き取れるレベル。中原中也「汚れちまった悲しみに」だったので記憶にある文章や単語は補完されて判別出来るのかもしれない。あとこれだけ文庫本に付箋ついてた気がする。他はぱらぱらしながら開いたとこ読んでる感じ。音が三浦さんの声だけになっているところで2階からかな子供の声がしていたりも。途中立ち上がってセンターに出て来て何か云ってて定位置に戻る直前に「こんばんはNESSです」って云ったのは聞き取れる程度のエフェクト具合。再び演奏はインプロな感じで盛り上がりまた唐突に堕天使ロックが。さっきと同様にテンポ上がっていって歌に戻るとか。3回目は2人一緒に歌ってた気が(とても男臭い)。またPuroleHazeが入ったりしつつ盛り上がって三浦さん立ち上がって弾きだしたりとか。最後の方になってようやく三浦さんとこのモジュラーシンセから音が(だったと思うんだけど)。わんわんしてる中メンバー退場、誰もいなくなってちょっとして音が止まる。拍手。1時間にちょっと満たないくらい。

で、ここはアンコール拍手なのか第2部とかになるのかがわからずそのまま待機してるフロア。ステージ上ではローディーさんがチューニングとかしてる。しばらくして三浦さんが登場、ギター抱えて座ったところで「アンコールありがとう(笑)」っていうのでフロアから笑いが。そうかアンコールで良かったのか。そのうち残りのメンバーも登場。ギターだけのところから段々増えてく仕様の。この時のギターリフに聞き覚えがあるような気がしてたの、何故かは後日三浦さんのツイートで判明。Session2と云ってもまるで同じでなくまたなにやら朗読してたり叫んだりなどあり。中也でない方は種田山頭火とのことだけどわかんなかったなー。うっちーと顔見合わせてる河塚さんがにっこにこだった。あと最後の方でシンセいじってる三浦さんを、それまでそのへんをうろうろしてたうっちーが見に来て腕組みして見守る中終了。30分にちょっと満たないくらい?三浦さん、ありがとうの挨拶。今日はX軸なのでぼくらなりのX-Jap○nを表現したとのこと。次のY軸はYM○だとかいって「また11月にお会いしましょう」と退場。更なるアンコールは…?と拍手頑張る時間もなく速攻客電ついて終演。でも密度の高い、濃いいライブだったので満足。
ラベル:三浦俊一
posted by hyugami at 00:00| Comment(0) | 電子音楽部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。