2018年01月23日

2018.01.23.[秋山勝彦 × 藤掛正隆]

@阿佐ヶ谷イエロービジョン
open19:30/start20:00
adv2500/day2800(+1d300〜)

Fuji・Aki(秋山勝彦vo,g,key & 藤掛正隆ds デュオ)

なんだかんだで見そびれていたFuji・Akiをようやく拝見。2部構成なのは他と変わらず。1部が打ち込み+シンセにドラム、2部が打ち込み+ギターにドラム、という感じなのもソロの時と似た構成。after the rainやHERE IS EDENでの曲がちょこちょこあり、当時とは全く違うアレンジではあるけどもこっちのほうが安心して聴ける…と、思っていたら最後にソロテイストなやつがきたので…でもまあ初心者にはこっちの方がお勧めかもしれない(多分)。ブログでいってたピンクのシャツは1部で着ていたのでフロアの一部で残念がられており(※着替えられてしまうから)、しかしMCでシャツの件に触れて「ポーズとります?」って裾を持ってひろげて足交差でちょこんてするポーズをやってたので(Fuji・Akiも撮影などOK)一瞬だけど。1部の終わりくらいに藤掛さんが「1曲多くやった?」って秋山さんにきいてて、知らない曲があったとのこと。秋山さん「よく合わせたね」とかいってた。ギターはエレアコなやつでfな穴をプラ板+両面テープかなんかで塞いでる。「多分本当に久しぶりにやる曲です」と云って「それでも君は僕を軽蔑するかい」を。本当に久しぶりなのでいつ振りとか全然思い出せないけど好きな曲なのでとても嬉しかった。次回は2/27同じ場所で。ライブ録音やってアルバム出したいとか、なのでふるってご参加くださいとのこと。ツアーもやりたいとか云ってたけどライブかぶりしてないかどうかと曜日は重要なので本当にやる場合はその辺ちゃんとご確認していただきたいところ。アンコールは「このバンドではこういうのもやってみたい」と曲に歌でなく朗読(わりと叫んでるけど)を合わせるようなものを。その曲中「来年は60の還暦になります。こんな僕のしあわせな人生をおくらせてくれてありがとう…ありがとう」と唐突なメッセージ(歌詞の内容には合ってない気がしたので)があったり。あと藤掛さん的には「Aki・Fuji」の方がいいようなのだが秋山さん的には「Fuji・Aki」が良いらしくてそれで押し切ってたり。それはさておき藤掛さんも甘いものが好きだとかで差し入れの甘いものにかわいらしい反応を返していらしたので大変高感度があがったのであった(単純)。
posted by hyugami at 00:00| Comment(0) | after the rain(秋山勝彦) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。