2018年05月05日

2018.05.05.[大和絵巻第五巻〜ワラベピピック(仮)]

@池袋LIVE INN ROSA
open16:30/start17:00
adv3000/day3500(+1d500)

出演:
 金色
 和奏電道子☆灯
 奏手候
 龍-OROCHI-
 紅桜剣舞会
 AKARA
 舞月李
 大和撫子百合
出展:
 カラクリンゴ
 燈
 武 書道室(聿之進)

いつのまにかこのイベントも5回目なんですね(タイトルにはあえてつっこまない)。続くのはいいけど個人的には新顔が欲しい感じ。ちょっと用事があって開演時間を少し過ぎたところで到着。ちょうど始まりの挨拶部分が終わるところで。フード出店ありで前回と同じく日本蕎麦使用のやきそば(おいしい)。

以下簡単メモ。


和奏電道子☆灯:お江戸に帰っていたけどこのイベントの時だけこっちにやってくることになったらしい。移動は満月の時に限られるとか制約多いな。

大和撫子百合:サブステージで。日本酒ふるまう歌あったけど後ろからそっと見守っていたのでさすがに回って来なかった。

紅桜剣舞会:ステージが狭いので切っ先が柵からちょっと出る3D仕様とかなんとか最初に注意があり最前少々下がる。殺陣の緊迫感と打って変わってMCがゆるい感じなのがいい。撮影OKなので結構スマホ構えてる人いたけど紙袋を手に持ったままスマホを上の方に掲げてたでかいひとが完全に壁だった(ので避けた)。

インタビューコーナー。ここでまとめて、呼べる人だけ呼ぶ感じで。

龍-OROCHI-:ばんぎゃるちゃん、もっと前にいてもいいのよ…(いつものひとしか前にいない感じ)。

舞月李:サブステージ。まつりって読む事とか偉伝或の殺陣ドルって事とかすっかり忘れてたすまない。例のどうかと思うキャッチコピー(?)で思い出したので意味はあるのかもしれないな…。

奏手候:見るのは2回目。また見てみたかったところなのでこの出演は嬉しい。シンセベースの狐の人とボーカルの人との会話(?)が相変わらずで、これ打ち合わせしてるのかなー?て思う。

謎の休憩タイム15分。

AKARA:この日ずっとライブ用の耳栓をしていたんだけどここだけ物足りなさがすごかった。11月だったかO-WESTでワンマンをやるらしく、そのO.A.に奏手候だというのをここで初めて発表。それで奏手候のひとがAKARAリストバンドしてたのか!てなった。

カラクリンゴ研究所:サブステージ。イベント公式から出ていたタイムテーブルで伏せられていた部分。毎度服飾出店していたカラクリンゴのひとが、夢を叶えるリンゴを広める為のパフォーマンス云々。詳しくは検索などよろしく。

金色:キリシタン大名ではなく棋士の大名でキシタン大名とか云い出していたの、衣装で実現しており。着物の上にラッフルカラー?みたいなのをつけてたけど若干よだれかけな感じあるのでラフカラーでお願いしたいところ。最初から最後までバンド編成でいつものメンツ。踊り子さんは紅桜剣舞会の2人が。センターにキーボードがあり、しょっぱなのあさきゆめみしで倒れづらいスペースだなって思いながらみてて。2曲目に番町皿屋敷で清之進さんがキーボード(エレピ)を少々。終わるとスタッフがキーボード撤収。この1曲のためにいろいろお疲れさまですという気持ちと久々聴いたなこれみたいな感じと。光の轍、墾田永年私財法、宵宵ごんぎつねと続く面白いセトリで。最後攻めて来た敵は某メンバーで煩悩ごと斬るとかなんとかで、でも最初にファンの人いないよね?って確認してたのがやさしさ(?)。しかしいつもの関ヶ原でなく倶利伽羅峠だったのでタイトルコール間違えたりあまり討ち取った感なかったり。次回は6/16アウトブレイクで、カレーが出るらしい。

お楽しみ抽選会のあと全員で大和絵巻の歌を合唱、わりと押し押しでハコスタッフにせかされたりしながら記念撮影して一本締め終演。お疲れさまでした。
posted by hyugami at 00:00| Comment(0) | 金色 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。