2018年05月18日

2018.05.18.[秋山勝彦]

@阿佐ヶ谷harness
open19:00/start19:30
adv/day2500(+1d500)

秋山勝彦


ソロライブ。いつもより若干空間のあるフロア。秋山さんは白いシャツにジーパンな衣装(この日珍しく1部2部とで衣装チェンジがなかった)。ドラム代わりにしてたギターケースのセットがなく、その為か椅子なし。ギターも1本しかない。最初に挨拶と写真&動画OKなアナウンスをして、始めたのがかつてアルカディアにありき。久々な気がするけどとくに言及なし。無力の王とかダリアとか日々の泡とかやって、次は新曲という。ピアノを使ってテクノをって云ってたけどわりとしっとりとしたインストだった。CROSS曲を数曲とかして1部終了。15分休憩。そして2部、の前にさっき1曲とばしたと云ってその曲を。ちょっととちってやり直したりしつつシュワキマセリ呪文のやつ。前は「なんとかなる」だった気がするとこが「なんとかなれ」って歌っているようで、「君にあげるよ」という言葉だからなのかな。その後2部ということでサティさんとお茶を、地球儀とやってソロアルバムのから3曲、ホワイトケミカルガーデン、それでも君は僕を軽蔑するかい。それから久々にやる曲、と云ってセンチメンタルクールフール。このソロアレンジわりと好きかな。そして最後の曲、「今日はとてもいい天気でした。こういう日には〜」ていうので予測がつくところの死ぬにはいい日だ。この曲結構好きなんだけどもう歌わないのでは感が勝手にあったので嬉しいといえば嬉しい。アンコールの前にライブ告知。来月のFujiAkiは日付あやふやで場所も間違えて告知してたり、7月のCROSSは日程はまだ決まってないみたいだけどそもそも高橋さん(見に来てた)が初耳っていう(笑)。そしてアンコール曲はFujiAki用の新曲とGO AMIGO。新曲はわりと衝撃の問題作というかこれに藤掛さんどう対応するのか気になって来月行くしかないのか中野坂上。そういう作戦なのか。前回のソロは病み上がりふわふわだったから今回はきりっといい感じというか個人的苦手な部類の曲がなかったので安心仕様だった。終演後高橋さんが秋山さんの元に寄って話きいてる様がちょっと舎弟でほほえましい(?)。それはさておきタイトル謎曲そこそこあるのでセトリ公開してくれないだろうか…(>>追記:ブログにてセトリ公開されました。やったー\(^-^)/)。

posted by hyugami at 00:00| Comment(0) | after the rain(秋山勝彦) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。