2018年07月13日

2018.07.13.[中野テルヲ[GIG180713]]

@四谷LOTUS
open18:30/start19:00
adv4000/day4600(+1d600)

中野テルヲ


東京でのワンマンライブはすっかりHIGHで椅子席ありに定着してしまっていたところ、久しぶりにオールスタンディングでやるという。タイトルにGIGとかついてるし場所はLOTUSだしでどうなるんだろうとわくわくの前日夜。公式から物販告知ツイートがありアクリルスタンドとか予想外の代物が飛び出してTLに衝撃ハンパない。同時にフラットクリアケースも発売だというのにこっち霞みすぎる。


そんな感じで当日。お日柄は良いがすっかり真夏なのでさっさと開場してほしい気持ちでいっぱいだったが、ようやく建物内階段部に整列したところ生乾きなかおりがむわむわしていてしんどい…でもフロアは大丈夫だったのでよかった…。ステージ上、トラベリングセットのテーブルにMacBookとUTS-8+&スカイセンサー、お腰につけるオシレーターBOX。でも背後のラックタワーは普段のライブと変わらない顔ぶれ。ギターはアートウェーブ。BGMもロックな感じ(The Pop Groupの曲のよう※Shazam調べ/不勉強ですまない)。とりあえずアクリルスタンドを買いにいったら思ってたよりもコンパクトだったので、鞄をロッカーにぶち込んで来てもよかったな…と思うなど。

登場してギターを担いだだけで\フー!/て云われてるテンション高いフロア。黒のピンタックシャツは先月エレキャン!時と同じものかな…胸元ボタン2つ目くらいまで開けており、しかしいつもその部分を覆うスカーフはなく黒の丸首T(?)が覗く。グッズのスカーフは腕章状になって左腕に。右肩にはCRASSロゴのワッペンが安全ピンで留めてある。シャツのすそはインしてないのでオシレーター置いてあるけど装着はしないぽい。黒の革パンにしわしわしたブーツ。髪を切ったようで左サイドがきれいに耳上で揃っており個人的にとてもR28号でときめく。ギターをかき鳴らし始めてBGMが止み、1曲目ロマンチスト。イントロが原曲に近いものだったけどほどなくピコピコに、というかだいぶアレンジ変えてきた!という印象。「こんばんは、中野テルヲです」と挨拶してギターチューニングからのデッドエンド羅針。ビコビコのやつだけどまたちょっとアレンジが違う感じ。ハンドクラップ指導はなかったがフロアからは自然発生していた。Pilot Run #3はハンドクラップ指導あり。ラジスペのギターソロは前に出てくる。IDは異邦人、久々に目も眩むポーズをやってたけどそのポーズのまま定位置から上手の方に移動していたの謎。スカイセンサーをビヨョーとしてRun Radio II。マイ・エイリアンはイントロがいつもと違っていたような。ノクトビジョンをやって次。謎のイントロ。ちょっと間のあいた音がぽつぽつとしているところにぴしっとギターリフがはまり、歌い出した歌詞がPilot Run #4で「ええっ?!」てなる。えらい変わりようというかまたBPM速いし!そして宇宙船(はやいやつ)に突入。せかせかしたラインがさっきのとほぼ同じなので続けてやられるとその若干の違いに最初だけちょっと揺さぶられる感じある。後半おもむろにオシレータを掲げ、上手側でぎゅわわと鳴らしまくる。しばらくぎゅわわしたところからマダム・エピステーメーの消息に。これちょっと久しぶり、かな。それからディープ・アーキテクチャはカウントなしで。指差す箇所が減ったままだけどツイストで脚あがるのはとてもよい。Yesは答えをいそがないで、でここのところやってるジャンプは変わらず有り。そしてCall Up Here。いつもイントロから前に出てきてあおってくるけどこの日は定位置ラインでちょっと上手寄り、とかそのくらいの距離で(でもフロアは盛り上がってる)。折角トラベリングなセットなのにあんまり前に来ないなーと思っていたら中盤で出てきて緩急つけているのかな。「どうもありがと。中野テルヲでした」と退場。

アンコール。本編おわったーと思ったとたんにむわっとした空気に気づく。空調が止まっちゃったようでサウナか!みたいな感じ。汗を拭きたいけどアンコールへの拍手は止められなくてもうどうしたら…はやく出てきて!感でいっぱい。でもなかなか出てこない。ようやっと出てきて「どうもありがと」と云った後なにやら準備しているところ「うん…」とか「あ」とかつぶやきながらなのでお客さんの中に「何があったの?」的な反応をしてらっしゃる方とかいて気になったり。準備終わって改めてご挨拶。「中野テルヲはGIGというタイトルでやらせていただきました。…えっと、こちらはこういう気持ちでした…」\フー!!!/。それからNewアルバムの話。一昨日マスタリングが終わったとのこと(マスタリングとはどういうものかのやさしい説明あり)。ジャケットなども来週には入稿だそうで「そうなったらもう発売されます!」。マスタリングされたものを聴いたところ非常に良いとのことで「どうぞ期待してお待ちください」。そして折角なのでとそのアルバムから新曲をやるという。アルバムタイトル曲、Pandora Autoload。…相変わらず変拍子マイスター。Hello New World.と云っているぽいところのNew Worldがエフェクトのせいか「じわる」て聴こえてじわる(すまない)。この曲だけで「どうもありがと」と退場。

客電つかないしアレの告知もしていないしローディー氏チューニングとかしてるしでアンコール拍手もいちど。空調は復活したようでなにより。またしばらく待たされての登場。しばしラックのほうを向いていて(何かしていたのかもしれないがわたくしの視界あまりよろしくなくて不明)不意に思い出した、みたいに「あ」って振り向いて「どうもありがと」。改めて新譜告知「8/22発売、全国インディーズ取扱店でお買い求めいただけます」とのこと。そしてその発売記念のツアー告知。あと8/14@ロフトヘブンでのイベントの告知も。で、グッズの告知といったところでフロアがざわざわする。「話題になってますか?」と振っておいて「フラットクリアケースですね、こちらがもうすごい話題です」\(笑)/。「それからですね、アクリルスタンドというものが出来ております」。それがどのようなものかを説明しようとするもうまく言い表せない様子。「皆さんのほうが良く知ってると思いますけど…」といいつつ頑張る。「アクリルの型抜きに中野テルヲと後ろのいつものラックのタワーですね。どっちかというとこっちの方が中野テルヲなんですけど…」。まさかのそっちが本体(楽曲面でと思われるがしかしメカだのロボだの云われてるからそれもアリだなって思っ…)。「その2つがくりぬきで、なんていったらいいんだろ…土台…土台てw、台座?」そんな台に立つように組み立てられるということで「今手元にないんですけど帰りに物販コーナーに行って見ていってやってください…」。現物持ってきた方が無言で通せたのでは…絵面が面白くなってしまうけど。「じゃ、もうちょっとやりたいと思います」って即曲へ、Legs。オシレーターぎゅわわーとしたりして。それから虹をみたでクールダウンな感じ。前に出てきたりもせずに締め。「どうもありがと!中野テルヲでした」とぺこりとして、もう一度しっかり頭下げてからの退場。

そういやライブに関係ないけどドリンクチケットメニューにクーリッシュ(バニラorカルピス)があってこういうのあるとうきうき引き換えちゃうな…。
posted by hyugami at 00:00| Comment(0) | 中野テルヲ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。