2018年08月24日

2018.08.24.[Pandora Autoload Tour]愛知

@今池HUCK FINN
open18:30/start19:00
adv3800/day4300(+1d500)

中野テルヲ

レコ発ワンマン東名阪ツアー初日。平日だけど金曜日だから…。で、丁度18きっぷシーズンなのでこれで名古屋行こうと思っていて。したらば台風が丁度いらしていて(19号&20号)始発で行こうと家から出てみたらこれ駅に着く頃には服が絞れるくらいでは済まない感じなもんで諦めて新幹線かな…と思っていたところにタクシーが通りかかり無事18きっぷの旅へ。名古屋でわりとよく行く果物屋(兼フルーツパーラー)のおっちゃんが桃もマンゴーもおいしいの入って来ないからお薦めするものが無いって云っていて次回は何かあるといいなー…てなことはさておきハックフィン。チケットはe+だけでなく他のプレイガイドでも扱っていたけど面倒でe+で取ったら時間の割にでかい数字だったのでさぞかし盛況かと思いきや、入場時に呼ばれる番号にその場の誰も該当しない部分が結構あり、スタッフさん曰く番号には抜けがあるという(プレイガイドごとに番号振り分けてるのだと思われ)。そんなんで整理番号の数字よりは小さいところで入場。とりあえず物販へ。物販番長の髪型がスッキリしている(が、ぱっつん前髪は健在なのでどうみてもヒゲの無いレオナール藤田氏)。BS売りアルバム特典は三浦さんRemixの「Long Distance, Long Time」で、これがついて2700円(税込)。通常2400円(税抜)なので有料特典だが何の問題も無く買う。というかアルバム収録曲の中からだと思っていたので意外な感じ。あと自信作らしい。他にブレスレットとTシャツ。Tシャツはツアー日程が入ってたりするいわゆるツアーTだがアルバム制作に使用した機材名もずらずら入っていてとてもよい。

ステージ上、いつもの机上に久々両サイドUTS-6あってちょっと嬉しい。スカイセンサーは下手ベースアンプの上に。その端っこにタルボベース(フレットアリマス氏/有線)。下手の足元にはエフェクタが2つ。上手には電鍵と安立の1号信号発振器、ともう一つ小型のものがありダイヤルとかのデザイン的に同じメーカーのものかな?と思う(目が悪いもので違ってたらすまん/こないだ検査したら矯正視力0.5しかなかった)。1号信号発振器の上には何かわからないけど石のようなものが2つ置かれている(局長がツイートしていた写真にあった仲間たち)。後ろのラックは2つにわけて積んである。

開演。衣装はアルバムジャケットと同じ+首になにやら銀色で十字型のものをぶら下げている。ギターは黒ムスタングでストラップ白。黒ムスタングと銀アートウェーブのどちらを使うかは、衣装の色と同化しない方を選んでたように思うけど今回は濃いいものに黒いのもってきてたので音で選んでみたとかなのかな…(※そのあたりがきっちりわかるような耳ではないのでただの想像)。ギターを爪弾きPandora Autoloadからのスタート。イントロでちょっと後ろを向いて何かしていて、振り向きざまに\ピーーーーー!!!/ってホイッスルの部分を生で吹いた。ぶら下げてたやつ、サンバホイッスルだった!(※Tシャツにある使用機材リストにも型番載ってるらしい…よう見つけるよなみんな…)。これ良い感じにテンション上がるね。間奏でオシレータいじっていて2回目のホイッスル箇所も振り向きざまに。「こんばんは、中野テルヲです」と挨拶してマイ・エイリアン、Nocto-Vision For You、Pilot Run #3と続く。ちょこちょこ後ろのスカイセンサーをいじりに行くがちゃんと鳴ってない気がする。3rd、ベース弾くかと思ったけどギターで。イントロ時にスカイセンサーに寄って行っていろいろ具合を見ていてプラグ抜き差しとかしてたけど首を横に振っていてダメだ感がある。その後ベースに持ち替えEardrum久々かな。イントロ入る前のビョ〜ォォォォォな音のとき(これもイントロ扱いなのかな…)にもちょっとスカイセンサーいじりに行ってでもあまり代わり映えしないような感じでそのままUTS-6を左右切ってイントロへ。こちらは久々に設置された上手側のライトが全く反応していないという…(音は出ていたのでトリガーとしての役目は果たしている)。進行としてはつつがなく、ベースは指弾きだがいつもの癖で上手側にいたわたくし機材でよく見えないぐぬぬ。あ、そういえば6月のここでの中野さんステージで照明が鬼逆光だったの、今回緩和されている気が(全く同じ位置から見ていたわけではないけど)。指弾きのままSummer。じっとりと良い具合。エフェクタがそちらにあるせいか、少し下手に出て弾いていたのかな。そして箱庭のダークマター。タイトルも歌詞もラップ入りなとこもツッコミどころもりもり感あったけどライブで聴く分には普通に聴ける。安心。これもベースを弾いていたけどピックで。そのまま現象界パレットまでベース。ひと区切りな感じであらためましてのご挨拶MC。一昨日8/22に3年半ぶりのオリジナルアルバムが発売になりましたといって提げていたホイッスルをはずしたところそでから手が出ていて「気ぃ使うね」とそれを渡して(これわたくしの位置から手は見えなかったのでその部分のみきいた話/三浦さんなのでは?という憶測がとんでいた)かわりに前回ワンマンで首から提げていたにぎにぎしたら邪悪な音が出るやつ(こいつだけ説明してくれなかったのでどう言い表せばいいのかわからない)をかける(ホイッスル外した時にばさって髪が乱れ、前髪の一部がおでこに貼り付いてる感じになってたんだけどそこまで気がついていない様でそのまま)。そんな発売記念のワンマン初日の名古屋、とまで説明したところで「えーと…どうですか…」とふんわり訊かれてしまうわれわれ(無論拍手と歓声で応える)。そのアルバムの新曲Summerと箱庭のダークマターは今日が初の演奏ということで「今日の演奏は今日のライブでしか味わえませんので」と云い始めるもその後詰まってしまい後ろから物販番長の笑い声が(笑)。じゃあ続けて、とカナリア。その後なにやら知らないメロディで歌が始まり合間に「こちらはレディオ〜スペースシップ」ってノイズとともに(後で歌詞の一部で検索かけたら宮澤賢治の「星めぐりの歌」と判明)。そこからのRadio Spaceshipというなかなかの展開。物語として有りだが曲調的には地続き感あと一歩な風味で若干もぞもぞする(こじんのかんそうです)。間奏ギターソロで前に出て来て弾いてた時、前の方のみなさんがちょっと屈んで煽ってたのが面白かった(※ステージが低い)。今夜はブギー・バックのメモ!ゼロックス!部分、「一緒に!」は云わなかったのでこちらも黙っていたのだったが人差し指を出していたので云えってことなのかな?(何人かは反応してたと思う)。最後にUTS-6切って締めようとした?ら違う曲が出てしまうトラブル。即座に止めて「どうもありがと」と次に行こうとするもさっきのが止めても止めても出てくるみたいな状態になり。どうにかおさめて「えー…珍しいものを見た」。ということで続き。首から提げたやつでノイジーばりばりさせてからのデッドエンド羅針ビコビコしたやつ。中野さんの指導なくてもパン、パパン!のハンドクラップみんなするようになった感じ。そして続けざまに宇宙船(はやいやつ)。ラストスパート激しいな!最後はちょっと落ち着いてグライダー。ピッ!と締めずにギターギャラギャラで終わらせ、でも違うノイズみたいなのが出て来てて「どうもありがと。中野テルヲでした」と挨拶するもそいつが鳴っているので止めてもういちど挨拶して退場。

アンコール。だいぶ熱いコールというか拍手だったのでは感。個人的には語気の強いコールがあったのがすごい気になってたけど(注意するために名前呼びつけてるみたいな感じがしてこわい)。しばらくして出て来た中野さん(前髪の乱れ直ってた)、そそくさと前に出て来てバッ!っと上着の前を開ける。中に新グッズのツアーT(黒いほう)着ていて見せつけたあと無言で定位置につく。そのまま手ぶらでLong Distance, Long Time。一瞬だけリミックス版やるのかと思ったけどいつものやつで(後でリミックス版聴いて1人でやっても、だなって思った)。コール&レスポンを手で煽りまくり。それからフレームバッファIIで落差…!みたいな。「どうもありがとうございました」といつもより丁寧な挨拶で退場。

二回目アンコールがあり。ここは普通に登場、ギターをかつぐ。再度アルバムが出ましたというMC。物販の商品には特典CD-Rがバンドルされていて普通にお店で買うのと金額が違うということで「みなさん、あの、よく考えて買ってください…」。「また名古屋に来たいと思います」と云って虹をみたでさわやかに締め。

またあした!
posted by hyugami at 00:00| Comment(0) | 中野テルヲ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。