2018年09月14日

2018.09.14.[秋山×藤掛デュオ]

@阿佐ヶ谷yellowvision
open19:30/start20:00
adv2500/day2800(+1d)

秋山×藤掛デュオ

某イベント前とかライブ被りとかで行けるかぁあぁぁ!!!ってなってたので久しぶり?な感じで見に行ったんだけど、FujiAkiなんだか秋山×藤掛なんだかわからなくなってるので早くアルバム出してアーティスト名固定さしてほしい気持ちでいっぱい…というのはさておき。この日は大阪で核Pライブだったので、古参()以上にお若いお嬢さん達がいないのではと思ってたんだけどいらしてたので大変反省しております。安心した。

ちょっと押して開演。秋山さん、白地に水色なシックシン・ストライプ(細いラインが水色だったかはあやしい…ピンクな気もして)のシャツで、留めるボタンの左右に飾りボタンとベルト状の装飾があってナポレオンジャケットにある前身ごろのやつっぽい感じ(説明難しい…写真で確認しづらいレベルの装飾)で、本来ならばかっこいい部類のシャツだと思うけど体型と相まってしまってかわいい方向に(ボトムはジーンズ&黒いスニーカー)。エレピとシンセとマラカスとギターと鍵盤ハーモニカとハーモニカ使用。マイクスタンドあたりにコンガみたいなやつが置いてあって使うのか?と思ったけど未使用。

2部構成なのは変わらず(ハコの仕様みたい)。前半3曲目くらいの間奏セッションと前半ラスト曲が良かった。あとソロの時に秋山×藤掛でやる曲といって初披露されたけど次のライブに行けなくて聴けなかったやつをようやく聴いたけど聴いた人から聞いた感想のままだなーと思いながら聴いてたらなんか歌に合わせて手と足をひょいと左右に出す仕草をしていてこれ笑っていいところなのかどうか判断つかなくてどうしたら…という気持ち。終わって藤掛さんが「フリがついた」ってツッコミを入れていて秋山さん「テクノっぽいでしょ?」って返してたりとか。この、曲終わりとかに藤掛さんがぽそっという感想みたいなツッコミわりとすき。後半MCでアルバムが出るといったもののフロア静かだったので自分で「ここで拍手!」って煽ったりしてた。アルバムタイトル「Radical Will」についてちょっと説明、詳しくはスーザンソンタグの「反解釈」とか読んで、とのこと。あと10/11のNoMEでMC5のKick OUT The Jamsカバーやるとか云ってちょこっとギター弾き始めたところで藤掛さんも入ってきてちょこっと演奏してて大変かっこい。というかここのところギターいうてもアコギとかだったからエレキ弾いてる姿のがいいな…と思った訳で(しかしライブ被り)。アンコールの曲は\金!日本!/て叫んでたやつのタイトルをアルバムタイトルにしたので…と変更の模様。最後にノートに綴った文章を朗読、破り捨てるパフォーマンス。

終わってお嬢さん達が破られた紙片を拾い集めてジグソーパズルやってたところに本人から紙片追加されるなどしていて微笑ましかった。

posted by hyugami at 00:00| Comment(0) | after the rain(秋山勝彦) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。