2018年04月15日

2018.04.15.[戸川純 avec おおくぼけい vol.6]

@南青山MANDALA
open18:30/start19:30
adv4800/day5500(d込)

戸川純 avec おおくぼけい


毎度手数料の高いわーといいながらの先行抽選チケットまたもや良くも悪くもない感じでぐぬぬ。でもかぶりつきで見なければならない気持ちはないので大体後ろの見やすくテーブルが近くて食事もしやすいところに座ってるんですけど、今回一番優雅に見れる席が「関係者席」の札で押さえられていて前回までは普通に座れていたのになんでや感でいっぱい。

続きを読む
posted by hyugami at 00:00| Comment(0) | others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月30日

2018.03.30.[JUN TOGAWA [1日早い] BIRTHDAY LIVE 2018]

@新宿LOFT
open18:00/start19:00
adv4000/day4500(+1d500)

戸川純
(戸川純(Vo) / 中原信雄(B) / ライオン・メリィ(Key) / 矢壁アツノブ(Dr) / 石塚 “BERA” 伯広(G) / 山口慎一(Key) )

毎年恒例お誕生日ワンマン、今年は当日ではなく前日ということでタイトルにも入ってるっていう。入場時にホイッスルが配られておののく(1箇所しか使うとこないアイテムなのに)。相変わらず無くていいレベルのよっっっっわいフリーWi-Fiが飛んでる。20分おしくらいだったかな。後ろの柵のところから見ていたけどかなり音がでかい上にキンキンでボーカルがよくわからず耳栓装着。これ自分の耳が弱くなってるせいなのかこの日の仕様なのかわからないんだけど前回はこんなんじゃなかったと思って不思議(まあ耳のせいだと思うけど)。またひとつ歳を取ったけど何歳にみえる?とかいうのはそうは見えないはずと思ってるに違いないから云々の間にぽろっと57と云ってしまい「ゆっちゃった…」とかかわいい。55になった時に四捨五入したら60で更に四捨五入したら100歳になってそれを考えたらまだ半分くらいと思ったとかなんとか。ツアーで岡山とか回ってて遠くの方だから知られてる曲をやろうということでやったそれまでこのユニットでやってなかった曲がいくつかあり。玉姫様とかロリータ108号とかシンセアレンジ好きなんだけどこの音に合わせてのこの出音なのかなと思ったりなんだり。普通の椅子だとお客さんから見えないのでカウンター用の背の高い椅子で(立ってても座ってても同じくらいの背丈に見える)、踏ん張れる様に足元に台が置いてあるらしいがそれに片足ふんばってもう片足ぴーんてしたところで足が攣ったところでまた「クラブチッタで足が攣った」てのを(笑)。声は出ていたけども高音が無理っぽく、アカペラ極東慰安唱歌(1番のみ)の後半出なくなっていたところをフロアからふわっと合唱がおきて「卒業式みたい」ってお礼を述べる戸川校長先生(原曲のキーで歌ってしまったからとおっしゃっていた)。フリートーキングはこないだジョリッツ版を聴いたばかりだったのでなんかこう…お得な感じ?休憩を挟んで2部。「あなたがパラダイス」は沢田研二の「お前がパラダイス」を女言葉にしたカバーだそうで、「お前がパラダイス」を聴いた時に「会ったとたんに一目惚れ(To Know Him Is To Love Him)」だ!と思った話とかあり。告知コーナーはたくさんあり、中国でやるっていうところで遠い!とかいいつつ中国の方も見に来てくれてて(フロアにもいらした)こないだおしゃれなお嬢さんに「純ちゃんは中国の伝説です!」って云われた話とか微笑ましい。後半、肉屋、バーバラと攻め攻めで最後の曲、と電車でGo!。ホイッスルの使いどころ来た!…けど普段吹いてないと怖いね…。退場するかと思いきや、何やら相談していて。もし余裕があったらと用意していた曲をやろうかやるまいか…という純ちゃんにフロアから\やってー/てことでレーダーマン。アンコールは最初山口さんが出て来てしばらくシンセ奏でてて(かっこいい)BERAさんが加わってちょっとしてあとの3人加わって結構長めセッションが。で、純ちゃんでてきてパンク蛹化の女で終演。おめでとうございました。
posted by hyugami at 00:00| Comment(0) | others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月23日

2018.03.23.[ジョリッツ/ハルコとフランシス]

@横浜 THE CLUB SENSATION
open18:30/start19:30
adv3000/day3500(+1d550)

ハルコとフランシス
ジョリッツ


気になる2組が対バンということでふらりと見てきました。勝手なイメージで地下だと思ってたけど路面店なんですねセンセーション。BGMの音量がでかいのできついなーと思いつつハンバーガーを食べる。以下簡単に。

ハルコとフランシス:耳栓いるかなと思ったけどマイルドにそのまま聴けた。このユニット自体を見るのは2回目だと思うんだけど大体の成分はフランシスなので結構見てる様な気持ちになり、初めてのみなさんの反応はどうなんだろうと気になってみたり。ちょっとしたトラブルはあったけど曲は安定の展開。MCにちょっとアウェイ感があるというかさぐりつつな感じがあるというか、でもオリさんは戸塚出身だそうでコレクターズ在籍時に横浜でやったことはあるけどこのユニットでは初めてで嬉しいとかいう話をしてた。最後コパカバーナでお客さんを立たせて盛り上げてたけど結構店内狭くて席によっては無理がある…面白かったけど。

ジョリッツ:気にはなっていたもののなかなかでようやく初見。…泉水さんの衣装スタイルが変わらなすぎて感動するわ…。おそらく楽屋は2階とかでフロア後方からメンバー出て来て人を掻き分けというか椅子を掻き分けステージにあがっていくんだけどサエキさん手にケンタッキー紙袋を持っていて何…と思ってたらどこかの曲中でチキンかじり出してそれをお客さん数人にもかじらせてる(のかな?)。結構な音量だったので耳栓装着で何もしないよりは歌詞聞き取れるんだけどチキンは謎だったな…。上手ギターの女性(亀ちゃんと呼ばれている)がゲームが好きだというもそっちか!ってところで面白かった(そして帰る道すがら「沙耶の唄」調べてなるほど)。ハルコとフランシスをお気に召した様子のサエキさん、最後はぼくらもとお客さんを立たせ。だからここせまいってー。

面白かったけどずっと大音量なのはしんどすぎるのとそういうところで会話するのが困難なので終演後そそくさと退散。外は雨。
posted by hyugami at 00:00| Comment(0) | others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

2018.01.24.[mix out 201801]

@渋谷ソングラインズ
open19:00/start19:30
adv2500/day3000(+1d500)

monogramme type-hitori
今沢カゲロウ


※だいぶ日が経ってから書いているので記憶違いがありましたらツッコミお願いします…と心配するほど詳細には書けてないけども。

またもや少数精鋭とかなんとか云われてたけど平日だからですよ!!!という感じ。ゆったり見れるのはお得感があっていいじゃないですか。

monogramme type-hitori:水曜日なもので「こんな“ま平日”にようこそお越しくださった」とか云っててそこ「ま」なんだ「ド」じゃなくて、と思ったりなんだり。対バンの今沢さんはダメ元でオファーかけたとかで今日から沖縄に飛んでいる筈だったところを引き受けてくれたらしい。鍵盤ハモニカをショルっていたりする他はいつもの感じ。あと鈴が複数ついた棒、マルタさんがプノンペンで使ってるようなやつなんだけどそれを「マネしました」とか云ってて一昨日届いたとかで宅配の人が持ってくるときしゃんしゃん鳴ってたのが面白かったとか。楽天ユニを着ていたのだけど2013年のやつで追悼の意かと思われるもそれはさらっと流してその年の日本シリーズ東京ドームで\うわーーーーーー!!/ってなってる中井さんが中継に映ってたとかいう話やら、今沢さんと一緒になると野球の話するとかいう話やら。いつものモノグラム曲に混じってPのパースペクティブIIやってて何かいっつもタイトルがぱっと浮かばないところ攻めてくる感ある。

今沢カゲロウ:お久しぶりでも変わらぬ芸風。モノグラムとは2015年10月23日@高円寺AmpCafeで対バンして以来3年ぶりといわれ、そんなんありましたっけくらいに記憶が彼方にあってよく覚えてるなあというかきっちり調べてきたのかなあというか。でも昆虫の話には聞き覚えがあったので無問題。昆虫の絵と鳴き声を譜面に起こしたものを一緒に展示していたという個展はちょっと見たかったな…(いくつか持参されていて絵そのものは閲覧可能だった)。そして「今沢」をエゴサーチすると平沢さんのファンがひっかかるという話をされていてなんだか申し訳ない気持ちに…。

最後にモノグラムとセッション。3年前はモノグラム曲をやったという話で何やったっけ…と思いつつ告知など聞き、セッション曲始まったらPのHEAVENで中井さんのシュミ全開選曲っていう。でもそんな中でも今沢節ばりばりなベースソロコーナーなどありとても素敵な仕上がりで面白かった。

中井さんはアルバム製作中ということでレコ発ライブとかお待ちしております。
posted by hyugami at 00:00| Comment(0) | others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

2017.12.05.[戸川純avecおおくぼけい vol.5]

@南青山マンダラ
open/start
adv/day

戸川純avecおおくぼけい

※簡易メモ
けいさまのシャツが以前のピンクフリフリ付きのじゃなかった。あと純ちゃんの声の調子がよろしくないような感じだったけど、時期的に(少々早いが)クリスマスソングが聴けたのがよかった。あとけいさまソロアルバムで純ちゃんが参加している曲が聴けたのもよかった(ので購入した)。エゴサはほどほどに…。

posted by hyugami at 00:00| Comment(0) | others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

2017.08.27.[戸川純avecおおくぼけい vol.4]

@南青山マンダラ
open16:00/start17:00
adv4800(ドリンク込み)※当日券は出ていたけど料金未確認

戸川純avecおおくぼけい

※雑なメモ:
このユニットのワンマンも4回目。2回目からマンダラで、チケットはe+先行があって手数料ぐぬぬと思いつつも10時に戦うのめんどくさいしゆったりしたとこで見たいので申し込んでいるんだけど回を追う毎にどんどん番号がでかくなっていくので公平っちゃあ公平なのかなあ…(解せぬ顔)。この日は原宿だか表参道だかでよさこい祭りやってて耳栓ほしいレベルの賑やかさの中を通り過ぎ青山。今回は下手壁際ソファーに座る。けいさまの真後ろ、純ちゃんの顔は見えるけど衣装全体は見えない感じの視界。10分押し。ラジオのようにから始まってフリートーキングをもうここでやってしまうのてな感じで聴く。リハの時よりピアノが激しかったらしく、でも繊細にも弾けるとヒステリヤなど。いつもの曲を数曲やって第1部はあと1曲てところで後半のボリューム重くない?みたいな話になり。2部ラストにしようとした曲を1部のラストに移動ということで王様の牢屋からの蛹化の女。蛹化の女はずっと歌っていきたいのでけいさま案セトリからはずれていたけど入れてもらったとかシンセみたいな声で歌いたいけど実験的に荒れた声でやってみるとかで(で、やっぱり綺麗な声で歌いたいとのこと)。第2部は壮大な曲を2曲って勅使河原美加の半生とクレオパトラの涙。勅使河原タイトルについては著書をとか次も変なタイトルみたいなことを云って諦念プシガンガとか。朗読つきの肉屋のようにがちょっと音源欲しいところなんですが例のお詫びCDには本能の少女が入っているという(ワンマン以外でも引き換えられるのかとかわからなくてもらい損ねている)。シャンソンのコーナーは前回と同じく愛の賛歌、アンコールはさよならをおしえて。後ろから見るピアニストも良いものですね…顔は見えないけど。

ソファーでゆったり聴いてるつもりがあっという間の時間で名残惜しくも次の予定が!ということもあり、次回12/5はどこともライブ被らないといいなあ…
posted by hyugami at 00:00| Comment(0) | others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

2017.07.22.[HONDALADY presents (in a)MODELROOM “VSOP”]

@高円寺HIGH
open/start 17:30
adv3000/day3500(+1D500)

Cutemen(ClubMode)/O.A.
内田雄一郎
HONDALADY

総合司会
あかなめランドマーク

いいたいことはいろいろあるがかんたんメモ:ホンダレディ20周年…は去年だったがそのイベントをずっとやっていて本日が最終日だそう。司会の人がてんでダメな感じだったけど出演者はどれもおもしろかったので昨日の夜から頭痛でぐだぐだしてたのがすっきり回復。体調的にいくかどうかを迷っていたので行って良かった。うっちーの相棒が2代目になっていたのが一番の衝撃。
posted by hyugami at 00:00| Comment(0) | others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

2017.06.19.[QuivaraC]

@新宿PIT INN
open19:30/start20:00
adv3500/day4000(ドリンク込み)

QuivaraC(今堀恒雄、横川理彦、外山明)


※かんたんメモ※
ピットインには初めて入った気がする(隣には行った事ある)。さすがにここでは演者の周りを客席で囲めないので通常ライブハウス構成。センターに外山さん、下手が横川さん、上手が今堀さん。クラシックスでは大体外山さんの背後から見ているので横川さんと今川さんの配置がわたくしの中で逆になっており新鮮な感じ(※位置関係はクラシックスの時と同じ)。QuivaraCとしてはPIT INN初めてと今堀さん。いつもの感じで1時間(3曲くらい?)やって休憩、また1時間くらい、という構成。横川さんが「デーモン」を歌ってた曲があり、今堀さんがその詞について尋ねてしまったので解説が。主人公は既に死んでおり、何かこすりつけられたりポケットまさぐられたりしててちょっとイヤやだなあっていうことを歌ってるそうで「云わない方がよかった?」って(笑)。あと初めて聞く歌詞のがあった。うさぎのぬいぐるみの。横川さんと今堀さんとでノイズ対決みたいになってるところに生ドラムで戦える外山さんかっこいい…とか思ってたら横川さんが口シンセになってたりとか面白かった。演者と共に熱くなる感じがちょっと弱かったように思ったのは距離もしくは位置かなー。でも今日のはアンコールがあってわりとノーマルな「火をつけて」が聴けてよかった。あと前回の乱入者いなくてよかった…。
ラベル:横川理彦
posted by hyugami at 00:00| Comment(0) | others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

2017.06.18.[有頂天ワンマンライブ 2017・初夏〜35年目の神経衰弱〜]

@新宿LOFT
open18:30/start19:00
adv5000/day(当日券あったはずだがチェックし損ねたので不明)(+1d500)

有頂天


※かんたんメモ※
ロフトって常に18時オープン印象なんだけど18時半てのもあるのか…しかも日曜なのに。生憎の天気で傘をさしながらの開場待ち、風も吹いていて傘ひっくり返されたりしてた(よわい)。開演と共にちょっと後ろから人が押し寄せてきたけどモッシュ!てほどにはならず。そこそこの密度で、時間が経つ程に辛くなるくらいの。実はまだ新譜が買えないでいるのでそこからのは全部初めて聴いたんだけども黴菌が面白かったのでそのうち買おう。壺のあとケラさんが♪クーボークーボーよーのなーかをーなーんとかーしてくれ♪って歌ったらちゃんとクボブリュさん「クボ!」って入れてたのが微笑ましかった。ライブのタイトル説明がてら有頂天の歴史みたいな話をしていて三浦さんがやめた時のシチュエーションとか覚えてるもんなんだなーと感心したり。今日はやついフェスと被っていてハシゴのお客さんもいるらしい。フェスなんかだとトリのバンドしかアンコールやっちゃダメってんでケラさん、心がこもったアンコールをされたなら何回でも何十回でもやるみたいなことを云ってた(→ので、それはそれはと繰り返して3回目のアンコールを達成/何十回てのはうそ!って謝られたけどセトリの紙アップされたのみたら3回目まで用意してあったのでやさしい)。あとチェキの話をしていて天馬さんのアレで金取れるなら…って何故かメンバーの娘さんのチェキを30円とかおじいちゃんになったメンバーを介護しながらチェキとか「ケラさん逃げて」チェキは3千円だとか。とりあえず介護チェキに対して長生きしてくれと思った。花のある政治家例としてピエール瀧があげられ後ろから紙を渡す人が砂原で後ろの人がまともだから大丈夫とかいってたりとか。どうでもいいけどジンさんが一部で装着してた銀色のヘッドホンにラジオについてるみたいなアンテナがあってチープな未来感と「なんだあれ」感でいっぱいになりながら見てた。

posted by hyugami at 00:00| Comment(0) | others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

2017.06.16.[Joy Ride presents 横川理彦ワンマン「Folktronica」]

@高円寺amp cafe
open19:00/start19:30
adv3000/day3500(+1d500)

横川理彦


毎度のampcafeワンマン(常に金曜日)。開演するぞってところで入場の人達が数人いらしてその間喋るぞってなってたりいつものゆるい感じ。横川さん珍しく赤いチェックシャツで、いつものあたまのうしろにふくろがあるやつ(ハンチング逆かぶり)でなくつばの付いたやつ(黒いカンカン帽?)で。あとギターがサイレントな枠線だけボディなやつだった。物販は終演後にといっていたのはブツがまだ到着していないので物理的に売れない事情のよう(笑)。そんな新譜「Tetromino」織り交ぜつつの本日。フォークとエレクトロの比率は対等でないようでエレクトロ多めだとかなんとか。目が死んでる歌詞を客にも歌わせるなどしつつ1部の最後Emptyをやろうと喋っているところに中井さんがCD持って到着、拍手で迎えられる。なので休憩タイムからの販売に。2部はいつもの感じで歌詞は確かにあの曲なんだが曲は毎回違うっていう中野さんのデッドエンド曲数がかわいいとしか思えないナニですけどno dateはほぼそのままでバイオリンだけのせていたので珍しい。1部で「どうせ」で始まる歌詞の曲が2つあって「どうせ」ではじまるやつだけで…とかいう話をしていたのが2部でCycle(Re)Cycleだったか「どうせ」をまぜてきて面白かった。6/19新宿ピットインでQuivaraC(リハの動画の話をしてた。みんなもっと見に来るといい)、6/20荻窪ベルベットサンでセッションとかいってたかな、6/25ラストワルツでメテオールゲスト、7/14ひかりのうまで小西さんとのユニット(小西さんから送られてきた曲のビートがゆるゆるだったのでびっくりしたとかいう)、10/13ここでワンマン(歌ものアルバムを出したいらしい)。アンコールはフォークっぽいのをと池間由布子さんの曲を。でもその前にワークショップで世界を回っていた時、宗教の違いでまっぷたつな街でその点では仲悪いんだけど音楽では仲良しになってた若者の話をしてて、それがラップだったのでフォークからラップに改宗したのだという。で、フォークっぽいのをやるというオチで終演。サインペンは持っていないので持ってる人にはサインしますっていうので新譜にサイン会など行われておりました。全体的にすっごい楽しそうに歌ってたなーという印象。あとどうでもいいけど1部の時照明が暗すぎて睡魔との壮絶な戦いになったので2部は適度な暗さに落ち着いてくれてよかった…。

ラベル:横川理彦
posted by hyugami at 00:00| Comment(0) | others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

2017.06.09.[BANANA FRITTERS A-Go-Go!!!Re:LIVE2017]

@東京国際フォーラム ホールC
open18:00/start18:30
全席指定 adv6000(当日券の値段は失念)

バナナフリッターズ(山寺宏一/日高のり子/関俊彦)

※かんたんな感想のみで失礼するシーズンが始まりました※
去年CDデビュー25周年で今年22年ぶりの復活ライブ。全員が55歳の時に!とのことでしたが関さんお誕生日が6/11であとちょっとのところでひとり54歳。でも山寺さんが6/17生まれなのでその間で押さえるの大変だよね。チケットは先行発売があったものの手数料でいいお値段になるしそんな前のめりにならなくてもと思って一般でとりまして2階の後ろの方から見てたけど見やすくて良かった(でも客席をなめるライトが眩しい/歌詞スクリーンに出して歌わせるところでそれやられると見れないん…)。ちなみに二十数年前、まだ実家で学生やってて地方住みなりに山寺さんを追っていた頃、今みたいに簡単にネットで検索!てのがない上に演劇だのコンサートだののチケットに関する知識とかに疎いままかなりアバウトなわたくし「行けばなんとかなるんじゃね?」と九州から寝台乗ってバナフリ京都公演(多分)に行こうとして当日券なくって轟沈した思い出がありまして。思い返すと相当阿呆なんですけどまあそんな理由で現在声優関連とは距離のある趣味を謳歌してますがこれは見に行かないとなと。

紗幕降りたままバナフリテーマなSEが流れていてライトがぐるぐる模様を描き盛り上げたところでバーン!と3人のシルエットが写るオープニングに場内がわーってなって。曲よりも喋り多めと山寺さんが云っていて、寸劇だったり予め撮られていたVTRだったり昔の映像だったりが挟まってくる構成。半ばで黒いだらっとしたTシャツと帽子カーキ色ボトムに着替えてヒップホップダンス(ブレイクダンス)を披露していてすげえ…!(キレッキレではないけど見れるものになってる)。そしてそのダンスの練習初日の前の日に関さんが転んで肋骨2本折ったらしく(本人はただ道を歩いていて転んだという話しかしてなかったがソロコーナーのために着替えててMC聞いてなかった日高さんが歩きスマホしてて転んだって暴露)5/28収録VTRでいじられててちょっと痛がってたのにすごい。あと山寺さん50肩で左腕が上がらないので振り付け反対の腕でーとか(<このダンスのいいだしっぺ)。懐かしさもありつつ、なかなか全曲手拍子のライブには行かないのでそこは新鮮な気持ち。一番好きな曲やってくれたのも嬉しかった。アンコールでバナナの着ぐるみ姿で登場、これで出てくるとは思ってなかったので(これで全曲やらないかなとは思ってた)面白かった。1曲だけだったけど振り付けあってみんなでほのぼのとした空気の中で。退場する時の山寺さんのコミカルな動きが大変良いものでした。

しかしキャパ1500のホールで開場から開演まで30分しかないのにわりとゆるりと入場したもんですでに物販列並ぶ気なくして後でいいやーと思ってたら開演前にパンフ売り切れててそこ一番数刷っとくべきアイテムじゃないんかー!!て感じなので新たな後悔が増えたのであった。ていうか再販ー。

2つレポート記事をみたけど写真は同じだったのでナタリーを貼っておく。ヒップホップダンスのところの衣装は関係者が写真アップしてた。どうでもいいけど当時関さんの身長全然気にしてなかったなー…と山寺さんとの身長差を見て思うなど。

書き忘れてた追記:バックバンドのメンバー紹介をちゃんとやっていて感心していたらドラムが阿部薫師匠じゃないですか!!!お久しぶりです!!!!!みたいな気持ちになった(※面識は無い/及川光博ワンマンショーでおなじみの方)。あとギターの方(バンマス)がちょっと目を離すと違うギター背負ってて気になりすぎる(5本くらいとっかえてた気が)。ベースの人は1曲だけエレキチェロだった。
posted by hyugami at 00:00| Comment(0) | others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

2017.04.18.[戸川純avecおおくぼけい vol.3]

@南青山マンダラ
open18:30/start19:30
adv4800(d込み)

戸川純
おおくぼけい


平日。列整理のおにいさんは疲れているのか番号を10ほど読み違えて次を呼んだりしてて大丈夫かなと思いながら入場。前回の整番は一桁前半を引いた(先行抽選)けども今回はそんなに早くなく、しかし遅くもなかったので後ろのソファでゆったり。なので優雅にフードを頼みたいところ、目の前を通過したあれやこれの上品な盛りに不満を呈す庶民なのだった。

続きを読む
posted by hyugami at 00:00| Comment(0) | others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

2017.04.07.[QuivaraC]

@渋谷公園通りクラシックス
open19:00/start19:30
adv3000/day3500(+d300〜)

QuivaraC(今堀恒雄、横川理彦、外山明)


月1くらいでやっているこのユニット、懐事情で少々ご無沙汰してましたが久々に拝見。

続きを読む
ラベル:横川理彦
posted by hyugami at 00:00| Comment(0) | others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

2017.03.31.[Jun Togawa Birthday Live 2017]

@新宿LOFT
open18:00/start19:00
adv4000/day4500

戸川純(Vo)
中原信雄(B)、ライオン・メリィ(Key)、矢壁アツノブ(Dr)、石塚 “BERA” 伯広(G)
ゲスト:山口慎一(Key:YAPOOS,Coherence)

※簡易メモ※
恒例のお誕生日ライブ。所用あって赤い戦車前のMC中に入場。入ってすぐの玄関たたきみたいなとこから一段あがることが出来ない客入り。それでもバーカウンター方面に抜けてくる人は居り、ちょっとずつ移動してなんとか音を楽しめる場所に。風邪をひいたとかで声の調子がよろしくなく、ギルガメッシュとか高音が出てない状態で曲間にうがいをしにいったりなど。本当のアタシはこんなんじゃないの!ということで本日のチケット半券はなくさないでとっておいてほしいとのこと。聞き取り難いがフリートーキングの歌詞が非常にタイムリーというMCとか。さよならをおしえてはけいさまとのやつがいいなーと思ったけど声の調子のせいかな。好き好き大好き、母子受精、電車でGOという本編ラスト3曲に対するフロアのノリが熱かった。もちろんアンコールも。
posted by hyugami at 00:00| Comment(0) | others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

2017.02.24.[Dive/Solecism]

@高円寺AMP CAFE
open19:00/start19:30
adv3000/3500(+1d500)

横川理彦


JoyRideイベントの予約開始日早すぎ問題、去年見合わせていて助かった事例があったのでその後ギリギリまで予約入れないでいるんですが、今日のは何も被る事なくで直前予約。丸椅子だと辛いなーと思ったけどふかふか椅子に座れたので良かった(ただし見づらい)。機材の乗ったテーブルの横に小さいテーブルがありファン一同よりとお祝いの赤いお花(種類を確認し忘れたので色しか覚えてない)とアルバムが置いてありまして。横川さんが後のMCでこの花はアルバム発売のかいい年齢になったからかという様な事をおっしゃっており、あっすっかり失念しておりましたすみませんお誕生月日は覚えてるんだけど(※1957年生まれ)。

続きを読む
ラベル:横川理彦
posted by hyugami at 00:00| Comment(0) | others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

2017.01.25.[Shinjuku Loft Presents BorderLine Syndrome11]

@新宿LOFT
open18:30/start19:00
adv3500/day4000(+1d500)

内田雄一郎
ADAPTER。
新宿ゲバルト

水曜日。かなりのド平日に謎の組み合わせ。うっちーソロアルバム発売日だし2回目のライブはどうなるのか気になってひょこひょことロフトへ。一旦バーフロアに入ってからの入場でしたが結構ギリギリまで外で待機で寒いから早く〜!あたたかいところに〜!!!!という感じ。開場と同時に物販もオープンしていたので先にアルバム購入。物販番長は水色チェックネルシャツで勾玉ぶら下げてた。

以下後ろの方からひっそり見守っていたので細部はようわかりませんという記述。


続きを読む
posted by hyugami at 00:00| Comment(0) | others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

2016.12.04.[戸川純 avec おおくぼけい vol.2]

@南青山マンダラ
open17:00/start18:00
adv4800(d込み) sold out/当日券無し

戸川純
おおくぼけい


※簡単メモ※
前回は渋谷のサラヴァ東京でしたが今回は南青山。何年前だか思い出せないくらい久しぶりというかここ来るのこれが2度目な気がするので内部事情ほぼ覚えてなかった(テーブルが赤かったのは無意味に覚えてた)。受付でドリンクオーダーして階段下りて先にドリンクもらって席へ。椅子とテーブルがみっちりで椅子をかきわけて座りたい席に向かうみたいな感じ。前回上手でピアノ運指が見えなかったので今回は下手に。しかしテーブルとあいまって選択が難しく、いい具合のところは埋まってるしなーと、とりあえず鍵盤は見えるが譜面台で純ちゃんのお顔は見えないであろう席へ。開演まで1時間なのが暇で仕方が無いけど椅子席だからまだまし。そして寝息が聞こえてきたり。10分ちょっと押して開演。けいさまが出てきてイントロダクション的にピアノをつまびき、純ちゃんが登場。白と黒のフリフリ。正面に大きなかばんを提げているからか、椅子に座ったときに片足だけドロワーズがずれて生脚見えてしまっていたのがずっと気になって仕方が無かった。今回も2部構成。休憩の間に本(戸川純全歌詞解説集)にサインを書くとか。けいさまはディスクユニオンで買ったそうでバッジがついてたという。アルバムの「わたしが鳴こうホトトギス」というタイトルは雑談でそういうことを云って笑っていたのがいつのまにかタイトルに!という顛末だとか。けいさま物販に立つのでサインしますよとかおしゃべりもとかリップサービス!とか云っておりましたが困ったことにわたくし懐が残念な有様申し訳ない。プリセラやる前に東口トルエンズと云々の話を少しして、この曲が歌えることにありがとうありがとうとけいさまにお礼を述べてたのがなんとなく印象に残ってる。激しい曲の指の動きすごいというか見惚れるというかあれダメージ受けないのかしら。次回は決まっていないようですが、またお待ちしております。



posted by hyugami at 00:00| Comment(0) | others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月17日

2016.10.17.[中井わんマンデー]

@渋谷SONGLINES
open19:00/start19:30
adv1500/day1800(+1d500)

中井敏文


月曜にワンマンで「わんマンデー」というのは理解しているがどうしても「わんわんデー」と読んでしまうので中井さんは責任を取ってブク氏の写真をもっとアップすればいいのになーてのはどうでもいいんですが、まあ月曜なので「少数精鋭」で。雨はあがっていてよかったですが。客入れBGMが何故かバカボン(聞き覚えのない曲だけど歌詞判定)、スクリーンに映されてた映像はそれとはまったく関係なかったような(よく見てない)。三浦さんと1号さんもいらしていて、開演直前にフロアにのしのしとセンターテーブルの2列目くらいに座り「やりづらいぞ〜(笑)」とか云ってる。

続きを読む
ラベル:三浦俊一
posted by hyugami at 00:00| Comment(0) | others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

2016.09.16.[Quivarac]

@渋谷公園通りクラシックス
open19:00/start19:30
adv3000/day3500(+1d300〜)

Quivarac
(今堀恒雄、横川理彦、外山明)


※かんたんメモ
珍しくリハで開場が押した感じ。今堀さんのギターが2本あったけどいつものやつしか使ってない様な気がした(ずっと見てた訳ではないのでさだかではない)。横川さんは相変わらず。両足同時に上下してリズム取ってるとこがあって楽しい。外山さん、半袖だし短パンだしでいい脚といい腕血管はじめて見た(衣装について「夏にしがみついてる」とおっしゃってました)。背後から見ていたので\ひかがみ/堪能。そんなことよりこの日の外山さんのドラムはなんだかノリノリというか目が離せないというかよくわかんない凄みがあってとてもよかった。いつも通り二部構成だったけどMCが今堀さんの司会進行的な挨拶しかなかったのも珍しい日でした。横川さんがしゃべらないなんて…!!
ラベル:横川理彦
posted by hyugami at 00:00| Comment(0) | others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

2016.08.27.[戸川純avecおおくぼけい]

@SARAVAH東京
open19:00/start19:30
adv4500/day5000(1d込)

戸川純avecおおくぼけい

なんだこの組み合わせ!ということで諸事情あってライブ本数を減らしている今年なんですけどそっと予約を入れたら結構な番号が返ってきたりソールドアウトになってたり(しかし若干当日券は受け付けていたようす)、でドキドキ。少々雨が降っている渋谷、ようよう入場したら椅子みっしりで、前から詰めて座ってねとスタッフさんが声をかけてるけど「男性」「空席」「男性」って並びとか入りづらいじゃないですか(せまい)。敬遠されてたはじっこに入り込んで待機。


続きを読む
posted by hyugami at 00:00| Comment(0) | others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする